オンライン英会話比較おすすめ!楽して英語

オンライン英会話で楽して英語を身につけよう。

「lol」の意味と使いかた

      2016/07/22

LOLの意味

ネットでよく見かけるlolって何?

インターネットをしていて海外の人が書き込みにlolって書いているのを見たことはありませんか?

この「lol」はLaughing Out Loud(大爆笑する)の頭文字を取った略字です。

インターネットが普及してから使われたした時代のスラングで、テキストベースオンラインチャットや掲示板などのウェブサイトや、twitter、Facebook、instagramなどのSNSなどで主に使われています。

日本語でもwとかwww、(笑)、(爆)を文末につけて笑っているのを表現するのと同じことですね。

lolololololなどと誇張して書くこともあります。
この辺も日本語のwwwwwwwと似てますよね。

lolを使う場面

チャットなどをしていて、単純に誰かの言ったことがおかしかった時に「lol」と打つだけでも笑ってるのが相手に伝わります。
また、自分で笑い話をする時などは文末につけます。

  • [何か発言に対して] lol(笑)
  • I did it again. lol (またやっちゃった。w)

使用上の注意

印象としては若い女の子が使うことが多く、いい歳した大人が使っていると、ちょっと痛々しく感じそうですね。
基本的にネット以外で使用することはなく、メールで使うとしても相手が砕けた人間で、かつチャットやメールなど、普段からテキストベースのやり取りをしていてネット文化に精通している人に限られます。

ちなみにlolという言葉は2011年の3月にオックスフォード英語辞典に初めて掲載されたそうです。
言葉は生き物なので、今後もどんどん新しい言葉は生まれては消えていくんでしょうね。

同じような場面で使われる言葉もどうぞ

 - 英語の略語, 英語上達ブログ